平成仮面ライダー大好き

テレビを見ているだけでは分からない仮面ライダーの魅力をご紹介します。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

仮面ライダーアギト アンノウンとは

「アンノウン」とはクウガが倒した未確認生命体を超える新たなる敵
として警察が名付けた。

軍事用語で「国籍不明機」という意味。



正式には「ロード怪人」といい、神に仕える天使のような存在で
地球上の生物の元となる超越生命体。

種族ごとに「 ~ロード」と呼ばれ、高位の怪人は「エルロード」となる。


 ▼ 目的 

神はアギトを恐れているので、アギトになる可能性のある人間(超能力者)を
血族ごとに殺し回っている。

殺しや特殊能力を行う時には、左手で右手の甲を“闇の力”の文字の形に辿る
殺しのサインを切る。

人間を生きたまま木のウロに詰めこんだり、コンクリートの壁に埋め込んだり
など、人間には実行不可能な犯行から「不可能犯罪」と呼ばれる。

しかし、神が人間を愛しているために、アギトの力を持たない人間を殺すこと
は禁じられており、ターゲットとその殺害を妨害する者以外の人間は襲うこと
はなく、禁を破ると“闇の力”から制裁が下される。

ライダーの技を受けて爆死する直前に天使の輪のようなものが頭上に出現する。

武器はそこから召喚することが出来る。


★ エルロード

水・風・地の3体の最高位のアンノウン。

アギトに等しい存在で貴族、様式、美意識のような風格、そしてライダーと共通
する複眼を持つ。


 ★ 闇の力

人類の創造主。神とも言うべき存在。

アンノウンの総主で「オーヴァーロード」とも呼ばれる。
中世的な美貌を持つ青年で「斗真(とうま)」という名前。

自分の姿に似せて創り出した人類を自分の子供として何よりも愛していたが、
自分と対をなす「光の力」が、人類に「知恵」=アギトの力という自分に制御
できない能力を与えようとしたことを嫌い、「光の力」と戦い勝利する。

しかし「光の力」が最後の力を振り絞り人類にアギトの力を植え付けたことで、
一度世界を滅亡させた。

しかし愛する人類を滅ぼすことをためらい、全人類、全動物種の中からつがいを
一組ずつ方舟に乗せて生き残らせる。

そして人類が遥か未来に再び繁栄しアギトの力が覚醒した時のため、アギトにな
るべき人間を抹殺させるべくエルロードを放ち、自分も人間の進化に伴い現世に
復活できるようにした。


 ★ 光の力

「闇の力」と同じ容姿を持つ存在で、もう一人の人類の創造主である神とも言う
べき存在。

人類に「知恵」=アギトの力を授ける。

「闇の力」との戦いで時空を超えあかつき号に墜落。そこで出会った力が目覚め
かかっていた津上翔一(沢木哲也)に最後の力でアギトの力を授け、消滅する。

他のあかつき号乗員はその時の光の余波で徐々に覚醒することになる。
関連記事

| アギト | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://maskedoyaji.blog.fc2.com/tb.php/86-f2095538

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。