平成仮面ライダー大好き

テレビを見ているだけでは分からない仮面ライダーの魅力をご紹介します。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

昭和ライダーを彷彿させる映画「仮面ライダー THE FIRST」

劇場にて単独公開された初の仮面ライダー映画。

昭和のテレビシリーズ第1作を意識した場面や設定が数多く存在しており、
現代風にアレンジされたリメイク版映画。




仮面ライダー1号こと本郷猛と仮面ライダー2号こと一文字隼人が主人公として
活躍するなど、石ノ森章太郎が1作目放送当時に執筆していた原作漫画と同じ設定。


1)2人の仮面ライダーを含むショッカーの怪人は改造人間であり、
  自らの身体機能によって超人的な威力を発揮する。

2)仮面ライダーは「変身!」と叫ばず、素顔の上に仮面を自分の意思で
  装着して変身する。

3)一文字は本郷を襲う刺客として放たれた。


テレビシリーズを意識した部分

・死神博士を思わせる人物の登場。

・変身ポーズをアレンジしたファイティングポーズ。


あらすじ

ある日突然男の人生が大きく狂ってしまう。

化学者として将来を嘱望される青年「本郷猛」は、世の中を裏から操る謎の秘密組織
「ショッカー」に拉致をされる。

本郷はショッカーによって洗脳され、バッタの能力を持った改造人間“ホッパー”
として破壊活動を繰り返す。

しかし本郷は、ふとしたことがきっかけで自我を取り戻すが、常人の数倍の力と
犯した悪事に対して、激しく後悔して自分を責めてしまう。


改造手術を受ける前に研究を取材に来た雑誌記者「緑川あすか」に恋心を抱いていたが、
彼女は世間を騒がす“怪人”の取材中に婚約者をショッカーに殺されてしまい、それを
本郷の仕業だと思い込み、彼に激しい憎悪を抱く。

そのため本郷は、怪人について探っていたため、度々ショッカーに襲われていたほのかを
正体を明かさないまま、“仮面の男”として守る決意をする。

そんな時、あすかの殺されてしまった婚約者にそっくりな男「一文字隼人」が現れる。

男の正体は裏切り者のホッパーを抹殺するためにショッカーが送り込んできた
第2のホッパーだった。

一文字は、本郷に向かって「貴様を殺し、あすかを俺のものにする」と宣言する。

愛する女のため、そして命を守るため、2人の“仮面ライダー”の戦いが今始まる。



関連記事

| THE FIRST | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://maskedoyaji.blog.fc2.com/tb.php/60-eea51a68

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。