平成仮面ライダー大好き

テレビを見ているだけでは分からない仮面ライダーの魅力をご紹介します。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

仮面ライダーオーズ あらすじ

平成仮面ライダーシリーズ第12作。

「オーズ(OOO)」の意味は、3枚のオーメダルという意味と
何人か存在する敵怪人の王の(王s)という意味など。


あらすじ

西暦2010年秋。美術館に収められていた「オーメダル」の封印が解かれ、
800年の眠りから目覚めた怪人たちが街へ放たれてしまう。

それぞれの種族の王である「グリード」はメダルを獲得して完全復活し、
全てを治める完全な王になるため。

そんな非常事態に美術館の事務室で眠りこけていたアルバイト警備員
「火野 映司」は無欲で、わずかな日銭と明日のパンツだけを持って
世界を放浪している男で、落ちていた赤いメダルを偶然見つけ持ち去る。

そこに突然宙に浮く怪物の腕「アンク」が現れ、「自分のメダルを返せ」と
要求する。

すると他のグリードの分身ヤミーが現れる。映司は人々を救うべくヤミーへ
立ち向かうが、そんな彼を見たアンクは「利用できる」と判断すると、
さらに2枚のメダルと謎のベルトを映司に渡す。

こうして映司は、オーメダルの力を使って戦う戦士仮面ライダーオーズとなり、
メダルを巡るグリードたちの戦いに巻き込まれていく。

概要

人間の欲望がメインテーマで欲望から生まれる硬貨・オーメダルと、
メダルを巡る人間と怪人との争奪戦。

「オーメダル」とは地球に生息している生物の力を凝縮して作った神秘のメダル。
オーメダルは2種類存在している。

「コアメダル」は金色の基盤に、それぞれの属性の配色は鳥系〈赤〉・昆虫系〈緑〉
猫系〈黄〉・重量系〈灰〉・水棲系〈青〉・恐竜系〈紫〉・爬虫類系〈橙〉。

生物のパワーがより大きく封じられている。


「セルメダル」銀一色のメダル。コアメダルほどのパワーはないが、人間の欲望を
糧にして際限なく増殖する。


「グリード」は個体ごとに9枚(3種×3枚)のコアメダルを核、大量のセルメダルを
細胞として構成。

800年前に10枚作られたコアから1枚を抜き取り、9という「欠けた」数字にした結果
「足りないが故に満たしたい」という欲望が生まれ、その欲望が進化して自律意志を
持ちメダルを肉体として誕生した。

関連記事

| オーズ | 22:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/08/09 11:03 | |














TRACKBACK URL

http://maskedoyaji.blog.fc2.com/tb.php/55-7f5428f4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。