平成仮面ライダー大好き

テレビを見ているだけでは分からない仮面ライダーの魅力をご紹介します。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

仮面ライダーキバ あらすじ

平成仮面ライダーシリーズ9作目で、キャラクターモチーフには「吸血鬼」を採用
西洋ホラー的な要素が取り入られている。

さまざまな種族が存在している世界観が特徴で、キバット族とよばれる
人間以上の知能を持つ蝙蝠のようなモンスターが変身する力を与えたりする。





あらすじ
1986年。人間に化け人間の生命エネルギーであるライフエナジーを
吸って生きるファンガイア族と呼ばれるモンスターが密かに存在していた。

それに気づいた人間は数少ないがファンガイアと激しい戦いを
繰り広げていた。

そんな数少ないファンガイアハンターである麻生ゆりはあるファンガイアを
追い詰めるが取り逃がしてしまう。

その原因を作ったのが、彼女に惚れたらしい「紅音也」という天才バイオリニストで
怒るゆりを気にすることもなく口説いてくるチャラ男は、ファンガイアの存在を知って
しまう。

22年後の2008年。ゴーグルにマスクという奇妙な姿で、ゴミを漁って歩く
怪しい青年「紅渡」がいた。

音也の息子である渡は、父の遺したバイオリン「ブラッディ・ローズ」を超える
バイオリンを作るために職人として修行を続けていたが、内気な性格のため
行く先々でトラブルを起こしていた。

そんなとき、22年前に逃がしたファンガイアが再び出現。

ゆりの娘であるファンガイアハンター・麻生恵が戦いを挑むが、歯が立たない。

その時「ブラッディ・ローズ」の弦が突如として震え始めた。それを聞いた渡は
本能に導かれるようにファンガイアの元に向かう。

コウモリのようなモンスターであるキバットが渡に噛み付いた瞬間渡の身体は
鎧に包まれ、異形の姿=仮面ライダーキバへと変貌を遂げた。


概要

ストーリーの大きな特徴は、紅渡を主人公にした現在(2008年)と、
その父である紅音也を主人公にした過去(1986年)のストーリーが
独立して存在し、それぞれが並行して進行していく。

全く関係のないと思われていた親子二人の物語が複雑に絡み合い、
過去が現在に、そして、現在と過去が交じり合って、影響を与えながら
ストーリーが展開していく。

関連記事

| キバ | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://maskedoyaji.blog.fc2.com/tb.php/42-2be71f49

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。