平成仮面ライダー大好き

テレビを見ているだけでは分からない仮面ライダーの魅力をご紹介します。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

仮面ライダー剣 概要

平成仮面ライダーシリーズの第5作目。

人類基盤史研究所 (通称BOARD)の所員が戦うことで収入を得ているので
職業が「仮面ライダー」。

トランプと虫のダブルモチーフで「龍騎」で好評だったカードシステムを
採用、トランプなのでポーカーのように複数枚組み合わせて技を強化出来る。




あらすじ

人の進化の過程では説明できない理由があるとの仮説から
その理由を究明する為に作られた国の機関である「BOARD」。

BOARDは不死の生命体を発見し、これらが様々な生物の祖で
あると断定した。これらを“アンデッド”と名付けた。

数年前、ほとんどアンデッドの封印が解かれてしまい人間を襲い始めた。
所長の烏丸啓の指揮の下、アンデッドの能力を利用した特殊装備
“ライダーシステム”を開発する。

BOARDの新人所員である剣崎一真と先輩の橘朔也は"アンデッド"を
封印するため日夜活動していた。

剣崎はブレイドとして奮闘するも、経験が浅いため苦戦を強いられるが、
ギャレンである橘の助けでようやく封印に成功する。

その夜、剣崎に同僚の広瀬栞からBOARDがアンデッドに
襲われていると連絡が入り急行。

しかし施設は壊滅状態で所員もほぼ全滅だった。生き残っていた広瀬から
所長と確執があった橘の仕業かも知れないと聞かされる。

橘を尊敬し信頼していた剣崎は信じられない思いでいたが、
今自分に出来ることはアンデットを封印することだけだと気付き
広瀬の協力の下アンデットとの長き戦いが始まる。


概要

「ライダーシステム」と呼ばれる特殊装甲服をまとって変身する。

アンデッドと戦いカードに封印するだけでなく、封印したアンデッドの力を
ラウズ(召換)カードとして、それぞれのアンデットの特殊能力を
カードリーダーでスキャンして引き出し戦力とすることが出来る。

モチーフがトランプなので、4人の仮面ライダーがいる。

その中に「異形の存在として生まれながら人間の心を持ってしまった者」
としてジョーカーで仮面ライダーカリスでもある相川始の苦悩なども
色濃く描かれている。




関連記事

| | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://maskedoyaji.blog.fc2.com/tb.php/19-5056d006

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。